Pocket

ヨガインストラクターのEmiです。こんにちは。
emi-3
♦Q&A『自分では、ポーズが出来ているのか、上達しているのかわかりません』

 

先日のあるクラスの後、生徒さんとこんな会話をしました。

私「肩関節の動きが良くなりましたよね。」

生徒さん「そうですか?自分では全然わからなくて。

ポーズが出来ているのか、続けていて進歩しているのか、

よくわからないんです。」

ヨガの練習をしばらく続けると、このような疑問が出てきませんか?

私もそうでしたが、このようにお話される方は多いんです。
数ヶ月、数年とヨガを続けて行けば、必ず体に何かしらの結果は出てきます。

(もちろん、練習頻度や練習内容、個人差があります。)

この方も、私から見て「変わったな~、練習続けるって凄いことだし、私も嬉しいな。」と思ったし、体の変化に気づいて頂きたくて声をかけました。

やはり、自分ではなかなか気づきにくいということを、あらためて思いました。

以前の記事 Q&A『体が柔らかくなりません』

にも書きましたが、

本当に体が変化していないのか、もう一度思い出してみて下さい。

始めた頃と今では、かなり体が変化しているはずです。

まずは今まで続けてきた「成果」を認めてほしいな、と思います。

そして、続けてきたからこそ、今の体があるのです。

今のその状態が「当たり前」に感じているのかもしれません。

「私はどこが変化したかわからない」という場合は、

先生に聞いてみると良いですよ。
そして、「ポーズや自分が合っているのか、出来ているのか?」

せっかくやっているのに、間違ったことを身につけたくないですよね。

先生は生徒さんの状態を見ているので、

もし違うことをしていたら、「こうですよ」と伝えますし、

「こうした方がやりやすいですよ」「もっとできますよ」

ということも伝えます。

クラスに参加されている皆さんへのインストラクションとして

伝えるときもあれば、おひとりに伝えることもあります。

「こうした方がいい」と思っても、その方の今の体の状態では難しい、

という判断をした時は、今出来る範囲で伝えるようにします。
細かく言えば、

出来ているか、出来ていないか、正しいか、正しくないか、

のどちらかで計ることはとても難しくて、

(というか無理かも)

あなたの今の体に合わせることが大切だと私は思っています。

「出来ている、正しい」に自分の体を合わせようとして、

怪我をしたり、呼吸が止まったり、ストレスになったりしては、

本末転倒だと思うのです。

社会の中にいると、苦しくても「正しい」「出来る」ことに

重きを置きがちですが、ヨガのクラスでは、そこから自由になる、

気楽になることもいいんじゃないかと思います。
生徒さんに安心・信頼してクラスを受けて頂くように、

クラスを進める、雰囲気をつくる、というのが、

「先生」の立場の私の役割だと、あらためて思いました。

これからもティーチングのスキルアップを心がけて行きます。

o0480035913580635516

 

2016年3月 ヨガクラスのお知らせ

 

第2・第4土曜日 15:30~16:30 ハタヨガ
3月12日、26日です!

 

第2土曜日 17:00~18:30 プライベートヨガレッスン&整体コース
3月12日です!

 

Emi