こんにちは。

スマイルボディ整体スタッフの 千田まきえ です。

makie-2

 

暖かい春の日差しが降り注ぎ、卒業式シーズンにぴったりの陽気になってきましたね。
ご卒業・ご卒園を迎える方、おめでとうございます♪

次女が通う園のお便りに掲載されていた詩です。

「子は親の鏡」ドロシー・ロー・ノルト

logo176-2

けなされて育つと、子どもは人をけなすようになる
とげとげした家庭で育つと、子どもは乱暴になる
不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる
「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもはみじめな気持ちになる
子どもを馬鹿にすると、引っ込み思案な子になる
親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる
叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう
励ましてあげれば、子どもは自信を持つようになる
広い心で接すれば、キレる子にはならない
誉めてあげれば、子どもは明るい子に育つ
愛してあげれば、子どもは人を愛することを学ぶ
認めてあげれば、子どもは自分が好きになる
見つめてあげれば、子どもは頑張り屋になる
分かち合うことを教えれば、子どもは思いやりを学ぶ
親が正直であれば、子どもは正直であることの大切さを知る
子どもに公平であれば、子どもは正義感のある子に育つ
やさしく思いやりを持って育てれば、子どもはやさしい子に育つ
守ってあげれば、子どもは強い子に育つ
和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる

mainImg

「子どもが育つ魔法の言葉 」という世界中でベストセラーになった本、
ご覧になったことがある方もいらっしゃるかもしれません。

私はこの詩を見ると「ウンウンその通りだよな~」と思う反面、
でもちょっと耳が痛い・・」という気持ちにもなります。

 

私が10年前に長女を出産して、退院直後のことを思い出します。

抱っこしないと泣き止まない新生児を布団に寝かせることができず、抱っこしたままトイレにすら行けなくて、家事もできない、どうしようどうしよう、ママなんだからしっかりしなきゃ、と思いながら、情けなくて、子供と一緒に大泣きしてしまった日のこと。

「親なんだから」っていうプレッシャーに押しつぶされて、誰にも相談できず不安を抱えていました。

泣いたらすっきりして、ママになっても私は私。
泣いてもいいんだよね、と気がついて、それから少しずつ慣れていって、あっという間に10年。

我が家の子供たちは、4月から小学5年生と年中さんに進級します。

IMG_8099

しっかりした親には程遠い私ですが、なんとかお母さんを楽しくやれているのは、「もうママったらしょうがないな~」と言いながら助けてくれる子供達のおかげです♪

余裕がなくてイライラして怒って反省することも多々あるけれど、ママだって人間だもの。しょうがない。子育てに正解ってないですもんね。

「大丈夫だよ。よく頑張ったね。ありがとう。さっきはごめんね。大好きだよ。」
を繰り返して、笑顔でおやすみして1日が終われたら幸せ。
そう思って生きています♪

主婦業やママ業は、毎日休みがなく頑張るのが当たり前になってしまいがちです。
整体やマッサージを受けて初めて、自分の体がこんなにボロボロになっていたんだ・・
と気づかれる方も多いと思います。
私もそうでした^^

日々頑張っている女性に、
「今までよく頑張ってきましたね」
一人じゃないから大丈夫ですよ」
って伝えられたら嬉しいです。

たまには、がんばる自分にプレゼント♪
リフレッシュして笑顔になってくれたら、とても嬉しいです^^

IMG_9420

千田 まきえ