Pocket

松尾です。

日本女性の乳がんの患者数は増え続けており、30年前の5倍、16人に1人が乳がんになるそうで、30代~60代女性のがん死亡率1位です。

アメリカでは8人に1人だそうで、女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが予防のため両乳房を全摘出したことで話題になりました。

日本人女性の発症率もアメリカに近づいていくとの危機感から、ピンクリボン運動などの啓発活動が行われています。毎年10月1日には東京タワーなどがピンク色にライトアップします。

800px-Tokyo-tower_pink-ribon

乳がんの手術をすると、肋間上腕神経が傷ついたり傷が治る過程で癒着したりして、手術した側の胸や脇の下、腕の痛み、しびれや知覚異常、腕が上がりにくくなるなどの運動障害が出ることがあります。
腕の運動障害のほかには、痛みやしびれ、熱感、神経過敏などの症状を訴える人もいます。

また、女性にとって重要な場所の悪性腫瘍であることや30~40歳代の女性に高頻度にみられるため、その女性にもたらされる心理的なダメージは大変深刻ですし、パートナーや子供さんなど、周りの家族もショックを受けることとなります。

乳がんは、しこりが2㎝以下であれば9割以上が完治すると言われ、言うまでもなく早期発見が大切ですが、その検査が、面倒、痛い、デリカシーに欠ける、再検査のケースが多い等々により、不評です。

このほど、最新の検査法と治療法を紹介した「超早期乳がん最新治療」の著者である佐藤 俊彦さんにお話しを伺う機会がありましたので、要旨を紹介させていただきます。

——————————————————————————–

野口記念インターナショナル画像診断クリニック 院長
佐藤 俊彦 氏

 切らずに治すには「正確な画像診断」での早期発見しかない

img_a01

がん細胞に集まる性質をもった薬剤を注射し撮影する「PEM」

無痛で2ミリの超早期乳がんも発見できる
→ 今年7月に厚生労働省から保険適応が認可
→ 新横浜「ゆうあいクリニック」などで導入

 

最新型のマンモグラフィー「トモシンセシス」

検査の痛みが少なく小さな乳がんも発見できる
→ 押しつぶさず3D画像が撮れる
→ 東京「国立がんセンター」などで導入

 

切らずに治す乳がん「最新治療法」

 

① トモセラピー

 放射線治療の最新装置
→ がん細胞だけに放射線を照射できる

 

② RFA

ラジオ波熱凝固療法
→ ラジオ波をガンに当て熱で殺す

 

③ HIFU

高強度超音波集束療法
→ 超音波を集束させガンに当て熱で殺す

 

④ クライオサージェリー

凍結療法
→ がん細胞を凍結させ死滅させる

 

⑤ 血管塞栓治療

→ がん細胞の栄養補給路を絶ち死滅させる

 

⑥ DC – BAK療法

→ 最新の免疫療法

 

セカンドオピニオンの重要性

必ずセカンドオピニオンに、主治医の所見に対する意見を聞くこと。

主治医が総合的な観点から所見を述べているとは限らない。
外科の医師は手術を勧めるし、放射線、化学療法が得意な医師はそれを勧めやすい。

患者は「手術が嫌」ならそれをしっかり伝えること。

聖路加国際病院では「セカンドオピニオン、サードオピニオンの意見を聞いて、家族で考えて、当院の所見を信じるならまた来てください」と言うらしい。素晴らしい。

 勉強しておくか信頼できる医師を探しておくこと

医療技術は日進月歩。正しい知識が命を救う。
勉強しておくか、信頼できる医師を探しておくこと。

参考資料
乳がんの理解を深めるために 北海道大学病院

 

 

~~*おうち整体サロン塾*~~

神奈川横浜青葉台の女性向け整体スクール
身につく「整体の知識と技術・整体師の資格・サロン開業のノウハウ」
東急田園都市線 青葉台駅から徒歩2分 渋谷駅から25分