Pocket

こんにちは*おうち整体サロン塾 のゆりえです。

きょうも良いお天気でしたね。みなさまいかがお過ごしでしたか?

 

さてきょうは「白湯」について書かせていただきます。

1302216top1-300x200

 

「白湯(さゆ)」とは・・・

いったん沸騰させたお湯をぬるく冷ましたものです。

湯冷ましとも呼ばれ、よく赤ちゃんに飲ませてあげることもありますね。

沸騰させることによってカルキや不純物がとんで、口当たりがまろやかになります。

自然界は3つの要素(水・火・風)からなると考えるアーユルヴェーダ(インドの伝統医学)でも

白湯は3つの要素を兼ね備える飲み物と言われています。

(「水」を→「火」で沸かし→沸騰して気泡によって「風」が加わる)

 

熱すぎずぬるすぎないくらいの白湯は、内臓の汚れをきれいに流してくれるのだそうです。

胃や小腸、十二指腸の働きが高まり、毒出しができます。

 

~飲み方のポイント~

①50~60度くらいの温度で、「すする」ように飲みます。

すするようにすると、体への負担がありません。

 

②朝起きたらまず白湯をのむ。

そうすると胃腸が温められ代謝が上がります。

 

③食事中にものむ。

消化力が上がります。

 

セルフケアレッスンや整体にお越しいただいたお客さまは、

レッスンや施術の効果で血行が高まっています。

その日は、ぜひ「白湯」をのんで、毒出しを促してあげてくださいね*

 

~~*おうち整体サロン塾*~~