Pocket

スマイルボディの松尾です。

酵素医療の第一人者で酵素栄養学の著書を多く出している 鶴見 隆史 さん への、
PRESIDENT の酵素に関する 取材記事を、ご紹介します。


 

PRESIDENT より

“酵素の有効活用” で免疫力を高める

 

鶴見クリニック院長 鶴見隆史(つるみ・たかふみ)

 

免疫力を高めてパワフルな毎日を送る──。
実現するには、言うまでもなく毎日の積み重ねが不可欠だ。

そこで近年、存在感を増しているキーワードが「酵素」である。

酵素栄養学に詳しい鶴見クリニック・鶴見隆史院長に、日々意識しておきたい「健康ルール」を聞いた。

鶴見隆史(つるみ・たかふみ)
鶴見クリニック院長
1948年生まれ。金沢医科大学卒業後、浜松医科大学などに勤務。東洋医学や鍼灸などを学び、西洋医学を融合させた医療を実践。酵素栄養学とファスティング(断食)、水素などをミックスさせた独自の代替医療に取り組む。

 

──先生は体を守るキーファクターとして酵素に注目されています。
健康とはどのような関わりがあるのでしょうか。

 

何となく疲れやすい、肩が凝る。
ご存じの方も多いと思いますが、そうした不調をもたらす原因の一つは免疫力の低下です。
最近の研究では、免疫機能の8割は小腸の粘膜である腸管に存在することが明らかになりました。
つまり、腸が元気だと免疫機能が向上する。
そのカギを握るのが「酵素」というわけです。

免疫機能が腸に集中している理由は、人体のメカニズムを考えると非常に理にかなっています。
食べ物は口や胃、腸を通って肛門に行き着く。
これらは一本の管のようで、体内にありながら外界とも接しています。
栄養を取り入れる一方で、外から侵入してくる病原菌や有害物質をくい止める小腸の位置は、いわば「関所」の使命を担っているわけです。

しかし善玉菌が不足していると、免疫機能は十分に働くことができません。
そこで腸内環境を整えるために活躍しているのが酵素。
酵素は消化を助け、代謝を良くするという役割をもっていますから、まさに生命活動の生成と維持に不可欠な存在であると言えます。

 

 

ルール : 「酵素」の浪費を抑える生活を心がける!

 

──酵素には非常に多くの種類があるそうですね。

 

いま判明しているだけでも、およそ1万3000種類あります。
というのも、炭水化物の分解はアミラーゼ、タンパク質ならプロテアーゼというように、一つの酵素は一つの働きしかしません。
私たちの体内というのは、例えるなら栄養素をちゃんと活用できるかたちに作り替えたり、有毒物質を分解したりする化学工場。
この工場に欠かせない、頑固だけど腕のいい技師たちが酵素です。

では、どうやって酵素を増やせばいいのか?
一つは、酵素が豊富に含まれている味噌や納豆などの発酵食品や生野菜、果物から取るのがいいでしょう。これらは「食物酵素」といいます。

そしてもう一つは「潜在酵素」と呼ばれる、人が生まれたときからもっている酵素です。
この潜在酵素は体内でしか作ることができず、1日あたりの生産量もごくわずか。
酵素は毒素の排泄、栄養の吸収や消化、古くなった細胞の再生など新陳代謝にも使われます。
ですから酵素をムダ使いしないよう、生活のリズムをしっかり整えることが大切です。

また、人間の体は加齢とともに酸化していきます。
活性酸素が体をサビさせ、体内の酵素を奪っていくのです。
携帯電話のバッテリーは、充電を何度もくり返すうちに使用時間が短くなっていくでしょう。
それと同じように、体のなかのバッテリーもしだいに劣化していく。
ですから睡眠などで体を休めてしっかり酵素をチャージし、かつできるだけ温存していく工夫をすること。それが、健康維持や長命の秘訣と言えます。

koso44

 

ルール : 「食べない」ことで体の機能回復をはかる!

 

──酵素を賢く使うためには、どんなことを心がけるべきですか。

 

先程の話で触れましたが、排泄・吸収・代謝など、自分の生理リズムをできるだけ整えてあげること。
規則的なライフスタイルを目指すことが、酵素の有効活用を促します。
なかでも1日のうち、夜8時から朝4時にかけての「吸収と代謝の時間」は重要
ここで食べ過ぎてしまうと酵素は生産されるどころか、食べ物を消化するために忙しくなり、どんどん減ってしまうのです。
この時間帯は、食べないのがベスト。

英語で朝食を「ブレックファスト」といいますが、もともとは「断食を破る」という意味です。
つまり、一晩寝ている間も立派な断食の状態ということなのです。
食べないことでどんなメリットが生まれるかというと、腸は休息をとることができ、本来の機能が回復します。
もちろん酵素の浪費も抑えられますし、免疫力のアップにもつながる。
たった半日程度、食事量を抑える「プチ断食」であっても、試してみる価値はあります。

ちなみに私がお薦めしているのは、水分とすり下ろした果物や野菜だけで1日を過ごすやり方。
野菜や果物はすりおろすと細胞膜が破れ、閉じ込められていた酵素が解放されるため2倍~3倍に増えるのです。
週末の1日だけ実践しても、きっと効果を実感できるのではないかと思います。
ここで気をつけてほしいのは、決して「種」を食べてはいけないということです。
イチゴやキウイなどの小さなものは問題ありませんが、種には酵素抑制物質が含まれ、体内に入ると酵素を奪ってしまう。
もし種を食べるなら、12時間以上水につけて抑制物質を消してからにしましょう。

 

 

ルール : 大事なのは「真実の予防」根本的な解決を!

 

──健康を保つためには適度な運動も必要だと思います。
具体的にはどの程度取り組めばいいのでしょうか。

 

やはり、ウオーキングが手軽でスタートしやすいのではないでしょうか。
目安としては、3メートルほど先を見ながら大股で1万歩、1時間続けること。血のめぐりがよくなって汗腺が開き、老廃物を排出することができます。

より望ましいのは、日光を浴びながら歩くことです。
日光浴によって活性化されるビタミンDは、近年注目されている物質。糖尿病や高血圧を予防するといわれています。

最後にお伝えしておきたいのは、もし何らかの不調があるなら「原因を治さなければならない」ということです。
まずは根本的に自分の生活を見直し、「悪くなったら治す」ではなく、「病気にならないように気をつける」へと考え方を変えてみてください。
正しい知識を得て「真実の予防」ができるかどうか。
その実践は、おのずと仕事の質の向上にもつながるでしょう。

 


 

 

・スマイルボディで取り扱っている「酵素サプリメント」

私が食事で食物酵素を摂れないときに愛用している酵素サプリメントを、ご来店されたお客さま限定で、仕入れ値+経費 にてお分けしています。(利益なしですが取扱数量が増えると仕入れ値が下がるので私も得をします)

Re.Fresh」10本入、30本入

Re.Fresh

麹菌酵素 + 植物酵素 + 乳酸菌酵素 により、たんぱく質・脂肪・糖質・食物繊維・乳糖のほぼ全ての栄養素を分解する強力な酵素が入った製品です。

国内製造品に限定し、類似品を全て比較検討し、そのうち20種類を試し、製造元に行き確認し、2年飲み続けている、そんな厳選サプリメントですので、皆さまに自信をもってお勧めしています。

分解酵素 表

Re.Fresh リフレッシュ 消化実験

スマイルボディのベストセラーサプリメント です。
これまでの取り扱い実績をもとに大阪の製造元と交渉を重ねた結果、より多くのお客さまにお求めいただける形でご提供できるようになりました。

無理なおすすめなど決していたしません。
店内に見本がありますので、施術後・レッスン後にご覧になっていただき、ご希望であればスタッフにお申し出ください。

IMG_9513

 

・スマイルボディ ブログ

「良い食事」で 健やか きれい

 

スマイルボディ
代表 松尾さとし