Pocket

スマイルボディの 松尾 です。

「糖質制限ダイエットの伝道師」として知られていた
ノンフィクションライターの桐山秀樹さんが、
2月6日に心不全で急死されたとのこと。

dhdh

その死をめぐって「“糖質制限”が原因では?」との憶測が飛び交っています。

 

桐山さんがお亡くなりになった理由はわかりませんが、
私は、「過度な糖質制限ダイエット」には
痩せる効果はあるが、健康リスクもかなりある
それって当たり前でしょ、と思っています。

その理由を述べてみます。

そもそも「ダイエット(diet)」とは「規定食」という意味であり、
本来は「健康・美容・肥満防止のための食事制限」のことですが、
実際は「痩せるための食事制限」の意味で使われています。

cropped-cropped-28fd50ba85b4bb60bfad015e6a2b0760_s-コピー-コピー-コピーのコピー

究極の痩せるための食事制限は「食べない」ことです。
ボクシングなど体重別スポーツ競技での減量がこれに当たります。
計量にパスするため無理な減量をして死亡してしまう事故を時々聞きます。
つまり「食べない(極端に食べる量を少なくする)減量法」には、
「痩せる効果はとても高いが、命を失うほどの健康リスクもある」と言うことで、
これをダイエット法に使う人は、まずいないと思います。

では「糖質制限ダイエット」はどうでしょう。
糖質制限ダイエットは、毎日の食事で、ご飯やパン・麺などの主食に多く含まれる
「糖質」の摂取量を減らしていく食事法です。

「糖質」は、必須3大栄養素「たんぱく質・脂質・炭水化物(糖質+食物繊維)」の1つです。

tousituoffdaietto

 

糖質は、効率よくエネルギー源になる栄養素です。
摂らなければ、きっと痩せることは痩せるのでしょう。
でも、必須3大栄養素の1つを摂らないことは、大変なことです。

数千年もの間、糖質が多く含まれる米や小麦などの穀物やイモ類を
人類は「主食」として食べ続けてきたことを、忘れてはいけません。

白米 t02200145_0481031812669098368

日本人の2人に1人がガンになる
日本人の約3割が花粉症、などなど、
年々増えている「食の欧米化」がその理由に上げられる病気が多くあります。

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする「乳糖不耐症」は、数千年前から酪農をしてきた欧米人や遊牧民族の末裔の人たちは10%程度なのに対し、牛乳を飲み始めてまだ100年程度の日本人は80%にも達します。
新しい食べ物が、体に良い食べ物になるには、相当な時間がかかることがあるのです。

「ずっと食べてきたものを食べなくなる」ことも、同じです。
「数千年前から先祖代々食べ続けてきた『主食』を食べない」というのは、
「食の欧米化」よりもっとすごい「食の大転換」です。
主食を食べない食事法…、健康を害さないでしょうか。
ダイエットは、健康が維持できる範囲で、やることです。

糖質制限ダイエットが言われだしてまだ数年、
痩せることについての検証を開始したばかりで、
健康リスクの検証については後回しの状況です。

  • たった数ヶ月から数年の実践で成功したと言っている人を信じていいのでしょうか。
  • 糖質を減らした分、たんぱく質や脂質を満腹まで食べて健康が維持できるでしょうか。
  • 体への栄養との意味で、前述の食べない減量法に近いってことはないのでしょうか。
  • それを覚悟なく安易に真似して、そこに 健やか きれい がついてくるでしょうか。

 

過度な糖質制限ダイエット

「痩せるだけ」なら
「健やか・きれい に痩せたい」なら ×

そもそも、「やったとしても、ほとんどの人がきっと続けられない」
と私は考えます。

糖質 = 甘いもの+でんぷん です。

CMにもありますが、おいしいものは糖質でできています。
スイーツ や、ごはん・パン・麺類 を、ずっと食べずにいられますか。
きっと糖質の代わりに肉食が多くなりますが、それで体にいいのかな。
家族や親しい仲間、職場の人やママ友との食事も、制約されます。
「プチ制限」だって毎夕食ですよ。

425

糖質制限ダイエットは、かなりストイックな人でない限り挫折しますし、
続いたとしても「健やか きれい」にはなれないのです。

 

無理な食事制限では、不健康と引き換えに一時的なスリムしか得られず、
必ずリバウンドし努力は徒労に終わります。
また、理論上は正しい方法だとしても 心にも良い食事 でなければ、続けられません。

ましては「これを食べれば」「これを食べなければ」なんて
単純な健康法・美容法・ダイエット法に飛びついてはいけません。

「健やか きれい スリム」 のためには

  • まずは、正しい知識を持つ
  • 体に良い食材を バランス良く 適量 摂る
  • 体に悪い食材を なるべく摂らない
  • でも、頑張り過ぎず楽しい食事も心がける

無理なく継続できる「体にも心にも良い食事」が出来てくれば、
代謝・免疫力・治癒力がアップして、
きっと「健やか きれい スリム」になっていきます。